【埼玉県】Uber Eats(ウーバーイーツ)の配達パートナーの登録方法・報酬・配達エリア

新型コロナウイルスの影響で、ステイホームが浸透する中で、Uber Eats (ウーバーイーツ)をはじめとするフードデリバリーは、多くの人が気軽に利用できるサービスとして、益々人気が出てきています。

今回取り上げる「埼玉県」では、2018年9月からUber Eats (ウーバーイーツ)が始まりました。

本ページでは、埼玉でUber Eats (ウーバーイーツ)配達パートナーになりたい方に向けて、そのなり方や報酬、対象エリア、具体的にいくら稼げるのか?などについて、気になる情報をすべて網羅しています。

埼玉でUber Eats (ウーバーイーツ)配達パートナーに興味のある方は、ぜひ参考にしてください。


【Uber Eats(ウーバーイーツ)・埼玉で働く】配達パートナー働く4つのメリット

Uber Eats (ウーバーイーツ)とは、自宅にいながら、スマホなどで注文した商品をデリバリーしてもらえるフードデリバリーサービスです。

注文が入ってから、お店から注文者のところまで、商品をデリバリーするのが、配達パートナーの仕事です。

まずは、Uber Eats (ウーバーイーツ)の配達パートナーのメリットを4つ紹介します。


シフトなし!隙間時間に自分のペースで自由に働ける!

Uber Eats(ウーバーイーツ)は隙間時間に自分のペースで自由に働ける

Uber Eats (ウーバーイーツ)配達パートナーのメリット一つ目は、「好きな時間に、好きな時間だけ働くことができる」という点です。

一般的なアルバイトの場合は、毎月シフトを提出して、お店と契約した時間だけ働くことになりますが、Uber Eats (ウーバーイーツ)配達パートナーの場合、誰かに決められた時間の制限・規制は一切ありません

自分が働きたいときに働くことができるので、丸一日空いている日は、朝から晩までがっつり働いたり、たまたま1時間だけ空いたから1件分だけ働く、なんてことも自由自在です。

誰かに報告する必要もなく、Uber Eats (ウーバーイーツ)のアプリをオンにすれば仕事がスタートでき、終了するときは、アプリをオフにするだけです。

もちろん副業もOKなので、埼玉でも学生、主婦、会社員、フリーターなど、幅広い人が気軽に働くことができるようになっています。


報酬制で、やればやるだけ稼げる!

Uber Eats(ウーバーイーツ)配達パートナーは稼げる

Uber Eats (ウーバーイーツ)配達パートナーは、時給制ではなく、報酬制になっています。

Uber Eats(ウーバーイーツ)配達パートナーは、アルバイトのような雇用契約はなく、Uber Japanと「業務提携」を結び、個人事業主として働くことになるからです。

具体的な報酬の計算方法は、のちほど詳しく解説しますが、埼玉での1回あたりの報酬は、およそ500円~1,000円程度になっています。

配達パートナーの経験歴によって、配達ペースは変わってくるので一概には言えませんが、1時間に3件以上配達することができれば、時給1,500~2,000円以上稼ぐことも可能です!

アルバイトの場合は、どれだけ必死に働いても、時給は変わりませんが、埼玉のUber Eats (ウーバーイーツ)配達パートナーの場合は、配達件数をこなせばこなすだけ、報酬金額をあげることができるので、頑張った分だけ稼ぐことができます!

逆に言うと、1件の配達を10分で終えようが、5時間かかろうが、報酬は変わらないということになるので、いかに効率良く、短い時間で件数を稼ぐか重要です。「埼玉で稼ぐには、埼玉の土地勘に詳しくなる」など、配達エリアに詳しくなることが、たくさん稼ぐ鍵になります。


報酬の支払いスパンが週1回

Uber Eats(ウーバーイーツ)配達パートナーの報酬支払いスパン

埼玉のUber Eats (ウーバーイーツ)配達パートナーは、毎週1回報酬日があり、登録した口座に報酬が振り込まれます。

アルバイトは、月1回の給料日が一般的ですが、Uber Eats (ウーバーイーツ)配達パートナーの場合は、週1回報酬をゲットすることができるので、「すぐにお金がほしい」という方には嬉しい仕組みですね。

具体的に言うと、毎週月曜日の午前4時が締め日となっており、火曜日以降に、毎週1回、事前に登録した銀行口座に1週間分働いた報酬が振り込まれます。

◆登録する銀行口座は、「三菱UFJ銀行」か「三井住友銀行」がおすすめ

Uber Eats(ウーバーイーツ)の報酬は、海外口座から入金されます

その影響で、使いやすい銀行、使えない銀行があるので、下記参考にしてください。(海外送金に対応していない、セキュリティが厳しいなど)

<おすすめの銀行>
三菱UFJ銀行・三井住友銀行

注意

<登録はできるけど、あまりおすすめしない銀行>

みずほ銀行・りそな銀行など

<登録できない銀行>

ゆうちょ銀行・信用金庫・ネット銀行など


服装・髪型自由!

Uber Eats(ウーバーイーツ)配達パートナーは服装・髪型自由

アルバイトの場合、服装や髪形に規制のあるところも多いですが、Uber Eats (ウーバーイーツ)配達パートナーには、基本的にルールは定められていません。

ユニフォームもなければ、髪型・髪の色も自由ですので、気軽に始めることができます。

ただ、自由とはいえ、配達パートナーは、レストランでの商品受け取り、お客さんへの商品受け渡しのとき、人と接する機会は必ずあります。

食べ物を運ぶ仕事なので、最低限「清潔感のある格好」を意識するようにしましょう。

また、自転車で配達する人も多いと思いますので、動きやすさ、寒さや暑さ対策を意識して選ぶと良いでしょう。

◆評価システムがあるので、最低限のマナーを守ろう!

実は、Uber Eats(ウーバーイーツ)では、評価システムが導入されています

レストランの人、注文者が、配達パートナーを評価できるようになっています。

服装・身だしなみのことはもちろん、コミュニケーションや商品が届くスピードや商品の状態等で、評価されるようになっています。

繰り返し悪い評価を貰ってしまうと、最悪アカウントを停止されてしまうので、過剰に意識しすぎる必要はありませんが、社会人として、食べ物を配達する仕事をお金を貰って担っている人として、最低限のマナー・言葉遣い・サービスの質は守るようにしましょう!


【Uber Eats(ウーバーイーツ)】埼玉で配達パートナーとして働くときの給料・報酬について

埼玉でUber Eats(ウーバーイーツ)配達パートナーとして働くときの給料・報酬

ここでは、埼玉でUber Eats(ウーバーイーツ)配達パートナーと働く時の報酬について、詳しく解説していきましょう。

同じフードデリバリーサービスである「出前館」の配達員の場合は、1件当たり〇円の完全固定報酬ですが、Uber Eats(ウーバーイーツ)配達パートナーの場合、若干計算方法がややこしいので、ここでしっかり把握しておきましょう!


Uber Eats(ウーバーイーツ)配達パートナー報酬の計算方法

Uber Eats(ウーバーイーツ)配達パートナー報酬の計算方法

先ほどちらっと説明した通り、Uber Eats(ウーバーイーツ)配達パートナーは、給料制ではなく、報酬制なので、配達した件数によって、報酬が決まります。

全国共通の報酬の計算方法は、以下の通りです。

 

報酬の計算方法

<Uber Eats(ウーバーイーツ)配達パートナーの報酬>

「基本料金」-「サービス手数料」+「インセンティブ」(+「チップ」)

 

【「基本料金」-「サービス手数料」】の金額のことを、「配送基本料」と呼びます。

それでは、埼玉で働くことにフォーカスして、それぞれの項目について、詳しくみていきましょう。


【埼玉】Uber Eats(ウーバーイーツ)配達パートナーの「基本料金」について

【埼玉】Uber Eats(ウーバーイーツ)配達パートナーの「基本料金」

報酬のベースにあるのが、この「基本料金」です。

基本料金は

  • 受取料金:お店で料理を受け取った時にもらえる報酬【固定】
  • 受渡料金:配達が完了したときにもらえる報酬【固定】
  • 距離料金:お店から配達先までの距離に応じた料金【変動】

の3つを合わせた金額のことを指します。

 

上記の金額は、配達エリアによって異なっています。

難しそうに見えるかもしれませんが、自分の配達エリアの金額を覚えてしまえば、何もややこしくありません。

受取料金 受渡料金 距離料金
東京・埼玉・千葉エリア 265円 125円 60円/km
横浜・川崎エリア 250円 120円 60円/km
名古屋・京都・大阪・神戸・福岡エリア 215円 105円 60円/km

よって、埼玉で働く場合は

  • 受取料金:265円
  • 受渡料金:125円
  • 距離料金:60円/km

となるので、全国と比較すると、一番高額な設定になっていることが分かりますね。

◆「受け取り場所が1カ所・配達先が2カ所の場合」はどうなる?

「受取料金」は、1回分としてカウントされます。

配達先1件ずつに「受渡料金」が発生します。


【埼玉】Uber Eats(ウーバーイーツ)配達パートナーの「サービス手数料」について

【埼玉】Uber Eats(ウーバーイーツ)配達パートナーの「サービス手数料」

次は、「サービス手数料」についてです。

サービス手数料とは、Uber Japanに支払わなければいけない手数料で、これも配達エリアによってパーセンテージが定められています。

2021年5月現在、埼玉のサービス手数料は、「基本料金の10%」です。

実は、少し前までは、東京・埼玉・千葉エリアのサービス手数料は、他エリアよりも高く、「35%」と設定されていましたが、今のところは、全国どのエリアも「基本料金の10%」と設定されています。

◆【例】埼玉エリアで、5kmの配達を1件したときの配送基本料金は?

今までの計算方法に合わせて計算すると

  • 基本料金=【受取料金:265円】+【受渡料金:125円】+【距離料金:60円×5=300円】=690円
  • サービス手数料=【基本料金:690円】-【基本料金:690円×10%】=69円
  • 配送基本料金=690円-69円=621円

ウチこ

上記の配達を1時間かけて行えば、時給621円になりますし、2件行うことができれば、時給1,242円ということになりますね。


【埼玉】Uber Eats(ウーバーイーツ)の配達パートナーの「インセンティブ・チップ」について

【埼玉】Uber Eats(ウーバーイーツ)配達パートナーの「インセンティブ・チップ」

最後が、「インセンティブとチップ」についてです。

まずは、インセンティブについて。インセンティブは、特定の条件を満たしたときにもらえる報酬のことで、まず知っておくべきは「ブースト」と「クエスト」です。

インセンティブをうまく活用することで、通常よりも高額の報酬を稼ぐことができるようになります!

ちなみに、インセンティブには、サービス手数料は適用されず、そのまま全額を報酬として受け取ることができます。

◆配達パートナーの「ブースト」について

ブーストとは、注文の多い曜日や時間、配達エリアに配達する場合、基本料金を一定の倍率で増加させることのできる仕組みのことです。

簡単に言い換えると、「忙しい時、忙しいエリアは、たくさんの配達パートナーを確保するために、報酬も高額になる」ということです。

ランチタイム(11時~13時頃)、ディナータイム(18時~21時頃)が発生しやすくなっています。

ブーストは、配達パートナーによって表示されないケースもありますが(登録間もない配達パートナーなど)、アプリ内の「プロモーション」の画面から確認できます。

◆配達パートナーの「クエスト」について

一方クエストとは、特定の期間内に配達した回数によって発生する報酬のことです。

「5月1日8時~5月4日21時の間に、25回配達完了すれば、2,500円加算」といった感じです。

特に、配達パートナーが少ない雨の日、Uber Eats(ウーバーイーツ)側としては、配達パートナーを確保したい日に、発生することが多い傾向にあります。

クエストの情報は、登録したメールに案内が届くことになっています。

◆その他のインセンティブについて

意識しておいてほしいインセンティブは、「ブースト」と「クエスト」ですが、他にもインセンティブ制度があるので、簡単に触れておきます。

<オンライン時間インセンティブ>

Uber Eats(ウーバーイーツ)の配達パートナーは、報酬制なので、配達件数によって報酬が決まります。効率が悪ければ、時給500円程度になることも、十分想定されます。

オンライン時間インセンティブとは、最低限の報酬を保証してくれるインセンティブです。

例えば、オンライン時間インセンティブが1,000円の時に、700円しか稼げなかった場合、差額の300円をUber Eats(ウーバーイーツ)が追加で支払ってくれるということです。

あまり頻繁に発生するものではないので、頭の片隅においておく程度で大丈夫です。

<ピーク料金>

文字通り、ピーク時、配達パートナーが足りない時、リアルタイムで発生するインセンティブです。

アプリ上で、ピーク料金が発生しているエリアを確認することができ、配達が完了した時点で、マップに表示されている料金が報酬に加算されるようになっています。

◆Uber Eats(ウーバーイーツ)のチップ機能

Uber Eats(ウーバーイーツ)には、チップ機能が導入されています。

注文者が、配達パートナーに対して、料理代金以外に、お心付けとしてチップを払うことができるようになっています。もちろん、義務でなく、利用者の任意です。

ルールとしては、料理受け取りから30日以内、注文金額の2倍まで、払うことができるようになっています。

もちろんチップを強制することは不可能なので、チップをあてにすることはNGですが、チップをもらいやすくするコツとしてはこのような感じです。

  • 清潔感(服装や身だしなみ)
  • 快活なコミュニケーション(受け渡し時のスムーズなやりとり)
  • 料理を、迅速に、丁寧に届ける
  • 天候の悪い日に配達する

当たり前のことのように聞こえるかもしれませんが、何か特別なことをするというよりも、まずは「ストレスなく、気持ちよくサービスを利用できるかどうか」が大切だと思います。


埼玉で働く配達パートナーは、いくら稼ぐことができるのか?

埼玉で働くUber Eats(ウーバーイーツ)配達パートナーは、いくら稼ぐことできる?

報酬の仕組みは、理解できたと思いますが、では実際に埼玉でUber Eats(ウーバーイーツ)の配達パートナーとして1カ月働いたとき、どれくらいの報酬を稼ぐことができるのか、計算してみましょう!

本当は、1件ごとに、配達距離やインセンティブも異なるので、一律で計算することはできないのですが、今回は下記の条件に統一して考えてみましょう。

  • エリア:埼玉
  • 配達距離:4km
  • 配送基本料(1件あたり):567円【基本料金:630円】-【サービス手数料:63円】
    ・基本料金:630円【受取料金:265円】+【受渡料金:125円】+【距離料金:60円×4km=240円】
    ・サービス手数料:63円【基本料金:630円×10%】
  • 1時間の配達件数:2件時給1,134円(配送基本料:567円×2件/h)
  • 稼働時間:8時間日給9,072円
  • インセンティブ:週末の2日のみブースト適用で、基本料金の1.4倍⇒+4,032円/日
    (基本料金:630円×0.4倍×2件/h×8時間)

◆【週5日】がっつり働いた場合

平日4日、週末1日がっつり働いた場合(※2021年6月で計算)

  • 平日日給:9,072円×19日=172,368円
  • 週末日給:13,104円×4日=52,416円
  • 月収:224,784円

◆【週2日】副業として働いた場合

週末2日のみ、しっかり働いた場合(※2021年6月で計算)

  • 週末日給:13,104円×8日=104,832円
  • 月収:104,832円

計算式ばかりで少し読みにくかったかもしれませんが、埼玉でがっつり働けば22万円以上、週末だけでも10万円以上を稼ぐことができることが分かりました。

もちろん、注文件数や配達距離、インセンティブなどの条件によって、前後すると思いますが、一つも目安にはなると思うので、ぜひ埼玉で配達パートナーを考えている方は、参考にして頂ければと幸いです。


【Uber Eats(ウーバーイーツ)・埼玉で働く】配達エリアと配達時間

【Uber Eats(ウーバーイーツ)・埼玉で働く】配達エリアと配達時間

ここでは、埼玉エリアでUber Eats(ウーバーイーツ)配達パートナーとして働くなら知っておくべき、配達エリアと配達時間について説明します。


Uber Eats(ウーバーイーツ)・埼玉の配達エリア

埼玉県では2018年にサービスを開始してから毎年エリアを拡大しており、2021年4月現在、県南部を中心に、幅広いエリアがUber Eats(ウーバーイーツ)の対象アリアとなっています。

具体的には、下記市町村が2021年4月末現在、Uber Eats(ウーバーイーツ)の対象エリアとなっています。

埼玉の対象エリア
さいたま市、戸田市、蕨市、川口市、和光市、朝霞市、志木市、新座市、草加市、ふじみ野市、富士見市、川越市、所沢市、三郷市、八潮市、越谷市、上尾市、伊奈町、入間市、桶川市、春日部市、北本市、清瀬市、久喜市、鴻巣市、坂戸市、幸手市、狭山市、白岡市、杉戸町、鶴ヶ島市、蓮田市、宮代町)、行田市、熊谷市、東松山市、深谷市、本庄市、吉川市、加須市、日高市、飯能市、松伏町、三芳町

駅前を中心に加盟店が集中していますが、東京23区などと比べると、密集度がどうしても低くなってしまうので、1件あたりの走行距離は長くなりがちなので、原付バイクを使った配達もおすすめです。

該当市町村内全域が対象エリアとなっている訳ではなく、また随時エリアは拡大していっています。より詳しい最新の配達エリアを確認したい場合は、Uber Eats(ウーバーイーツ)のアプリ内で確認するようにしてください。


Uber Eats(ウーバーイーツ)・埼玉エリアの配達時間

埼玉エリアのUber Eats(ウーバーイーツ)の注文可能時間は、「8:00~25:00」なので、配達時間もこの間の時間ということになります。

全国でみてみると、他にも

  • 7:00~25:00
  • 9:00~24:00

のパターンがあります。

もちろん、店舗によって注文可能時間は異なる(カフェは日中、居酒屋は夜など)ので、自身の配達エリア内の店舗の営業時間を、Uber Eatsアプリ内から確認するようにしてください。


【Uber Eats(ウーバーイーツ)】埼玉エリアで働きたい!登録の流れ

【Uber Eats(ウーバーイーツ)】埼玉エリアで働きたい!登録の流れ

最後に、埼玉でUber Eats(ウーバーイーツ)配達パートナーになるための登録の流れを簡単にまとめておきます。

Uber公式サイトから登録することができ、パートナーセンターに行く必要もなく(現在停止中)、全てオンライン上で手続きが完了します。

Uber Eats(ウーバーイーツ)のオンライン登録の手続きの流れは以下の通りです。

<Uber Eats(ウーバーイーツ)オンライン登録手続きの流れ>

  1. Uberのアカウント作成(メール・名前・配達車両など)
  2. 必要書類(プロフィール写真・身分証)のアップロード
  3. 銀行口座の登録
  4. 配達バッグの準備
  5. 審査完了後、配達パートナーとして稼働開始

応募条件は、18歳以上であり、日本で就労が可能な人であれば、他に必要な資格・条件はありません。


Uber Eats(ウーバーイーツ)配達パートナーの登録に必要なもの

  • 身分証明書
    (運転免許証・パスポート・マイナンバーカード・住民基本台帳カード・小型船舶操縦免許証・【学生】学生証と健康保険証
  • プロフィール写真

<原付バイクで配達する場合>

  • 運転免許証
  • 自動車損害賠償責任保険(自賠責保険)の証明書
  • ナンバープレート写真

<軽貨物、バイク(125cc超)で配達する場合>

  • 自動車検査証(車検証)または軽自動車届出済証
  • ・任意保険または共済保険の証明書

<外国籍の方>

  • パスポートまたは在留カード

Uber Eats(ウーバーイーツ)配達パートナーとして必要なもの

  • 配達用バッグ
  • スマートフォン
  • 配達車両(自転車・原付・バイク・軽貨物)

※配達バッグについて

以前はレンタルすることができましたが、現在はAmazon(定価:4,000円)などで自分で購入する必要があります。転売屋が定価以上の価格で売っているケースもあるので、気を付けてください。

<あれば便利なもの>

  • スマホホルダー
  • モバイルバッテリー
  • 手袋
  • 汗拭きタオル
  • クーラーボックス
  • 緩衝材 など

【まとめ】埼玉県で稼げるUber Eats(ウーバーイーツ)配達パートナーになろう!

埼玉でUber Eats(ウーバーイーツ)配達パートナーになりたい方に向けて、知っておいてほしい情報をたくさん詰め込んで紹介しました。

報酬も高額、副業としても気軽に始めることのできるUber Eats(ウーバーイーツ)配達パートナーは、もちろん登録無料です。

地元埼玉で、Uber Eats(ウーバーイーツ)の配達パートナーとして、自分のペースで、自由に稼いでみませんか?

この記事が、少しでも悩んでいる人の参考になれば幸いです。


【期間限定】

当サイト限定¥20,000貰えるキャンペーン開催中!

 

▼紹介コード

g5726952

 

出前館配達員の登録時に当サイトの紹介コードを入力していただくことで、条件達成時¥20,000キャッシュバックキャンペーン中です。

人数限定なのでお早目に。

→出前館配達員公式登録ページ

 

キャンペーンの参加に伴い、当サイトの公式LINEのご登録をよろしくお願いいたします。

→当サイト公式LINE

※キャッシュバックのお受け取り等のご連絡に使わせていただきます。