出前館とUber Eats(ウーバーイーツ)の配達員徹底比較!稼げるのはどっち?

出前館とUber Eats(ウーバーイーツ)の配達員徹底比較!

最近街中では、フードデリバリーサービスの配達員の姿をよく見かけるようになりました。

お客さんとして利用するのもとても便利ですが、配達員の仕事も、稼ぎやすくておすすめです。

様々なフードデリバリーサービスの中でも、最もメジャーな二つといえば、出前館の配達員Uber Eats(ウーバーイーツ)の配達パートナー

今回は、どっちの方が稼げるのか?具体的な報酬金額を例に挙げながら、解説します。


出前館とUber Eats(ウーバーイーツ)の配達員の報酬の違い「稼げるのはどっち?」

出前館とUber Eats(ウーバーイーツ)の配達員の報酬の違い「稼げるのはどっち?」

出前館配達員とUber Eats(ウーバーイーツ)配達パートナー、もちろんどちらも稼ぐことができ、最終的には、二つのサービスを組み合わせて利用することが一番良いのですが、どちらかといえば、出前館の配達員の方が、効率よく安定して稼げるといった印象です。

出前館配達員とUber Eats(ウーバーイーツ)配達パートナーは、アプリで注文を受けて、レストランに商品を預かりに行き、自転車やバイクを使って注文者のところへデリバリーするという仕事内容は一緒ですが、報酬の仕組みが異なります。

ウチこ

それぞれの報酬はどのような計算で決められているのか、具体的にみていきましょう。

注意
出前館の配達員には、アルバイト配達員として、出前館と雇用契約を結ぶ働き方もありますが、今回の記事では、Uber Eats(ウーバーイーツ)配達パートナーと同様、「業務委託配達員」として働くことを前提に書いています。

【期間限定】

当サイト限定¥20,000貰えるキャンペーン開催中!

 

▼紹介コード

g5726952

 

出前館配達員の登録時に当サイトの紹介コードを入力していただくことで、条件達成時¥20,000キャッシュバックキャンペーン中です。

人数限定なのでお早目に。

→出前館配達員公式登録ページ

 

キャンペーンの参加に伴い、当サイトの公式LINEのご登録をよろしくお願いいたします。

→当サイト公式LINE

※キャッシュバックのお受け取り等のご連絡に使わせていただきます。


【出前館の方が稼げる?】配達員の報酬の仕組み

出前館配達員の報酬の仕組み

まずは、出前館配達員の報酬について説明します。

出前館配達員の報酬は、とても分かりやすくなっています。

出前館の業務委託配達員は、アルバイトのように、「何時から何時まで働いたらいくら」というような時給は発生せず、完全な歩合制「1件配達すれば〇円」という固定報酬制になっています。

この固定報酬は、配達する地域によって決められています。

【出前館配達員】固定報酬について

出前館配達員の報酬は、配達エリアごとに金額が定められています。詳細を下記にまとめましたので、ご覧ください。

配達エリア 固定報酬(1件あたり)
東京都・千葉県・埼玉県・神奈川県 715円(税込)
宮城県・愛知県・静岡県・大阪府・兵庫県・京都府・滋賀県・広島県・福岡県・鹿児島県・長崎県 660円(税込)

地域によって多少差があるとは言え、最低でも1件あたり660円の報酬が保証されていることになります。フードデリバリー業界の中でも、出前館配達員の給料・報酬は、業界トップクラスの高報酬となっています!

しかも、出前館配達員は

  • 差配システム導入で、まとめて注文が受けられる
  • 長距離配達(ロングドロップ)がない

という特徴があります。

差配システムのおかげで出前館では、一度の配達で、同時に4件の注文まで同時に請け負うことができるようになっており、同じ方向の案件をまとめて引き受け、一度に配達できれば、1時間に2、3、4件…と、一気に複数の配達がこなせ、時間効率が飛躍的にアップします。

また、出前館配達員は、エリア担当制となっており、長距離配達(ロングドロップ)がありません。基本的に、最大で半径4キロ以内、片道25分以内で配達できる、近場の案件しか担当することがないので、1件当たりにかかる時間が短くて済みます。

【出前館配達員】インセンティブについて

出前館配達員の報酬が魅力的なのは、基本の固定報酬が高いだけではなく、様々なインセンティブ・キャンペーンが随時実施されており、さらに多くの報酬を稼ぐことができるようになっています。

例えば、期間限定インセンティブとしてもっとも有名なのが、平日は1.2倍、休日は最大1.4倍まで配達単価があがるキャンペーンや、紹介コードを入力して出前館の配達員として登録し、条件を満たせば、最大25,000円がキャッシュバックされるキャンペーンなどがあります。

配達単価が1.4倍されるということは、東京で1件あたりの報酬が、715円×1.4=1,001円になります!

担当エリア内の配達に慣れてくれば、1時間に3件以上配達することも普通に可能ですので、時給3,000円以上も、夢ではありません!


【検証】出前館配達員は、1か月働くといくら稼げるのか?

【検証】出前館配達員の報酬

これでエリアごとの報酬金額は分かって頂けたと思いますので、実際1か月出前館配達員として働いたら、どれくらいの報酬が手に入るのか、チェックしてみましょう。

今回は、週末の2日間だけ配達員として働いたケースでみてみましょう。

◆週末だけ、週2日間働く【副業でも月収10万円以上GET可能】

もちろん、毎日同じ条件で働けるわけではありませんが、今回はあくまでも検証なので、下記のような条件を設定して考えてみましょう。

  • 担当エリア:東京
  • 勤務日数:週末の土日2日間のみ 合計8日間(※2021年6月の日数で計算)
  • 労働時間:8時間/日(10:00~14:00、17:00~21:00)
  • フードデリバリー初心者(※1時間に2件配達で計算)
  • 副業として

東京の1件当たりの固定報酬715円(税込)で、計算すると、

  • 時給:715円×2件=1,530円
  • 日給:1,530円×8時間=12,240円
  • 月収:12,240円×8日=97,920円

フードデリバリー初心者の方が、副業で、週末だけ、1日8時間配達をすると、月収97,920円稼ぐことができました。本業の給料にプラス約10万円って、とても大きな金額ですよね!

ちなみに、配当単価が、平日は1.2倍、休日は最大1.4倍のキャンペーン期間中に配達すれば、仕事内容は全く変わらないにも関わらず

  • 【週2日勤務】97,920円→137,088円

にまで報酬は膨れ上がります!


【Uber Eats(ウーバーイーツ)の方が稼げる?】配達パートナーの報酬の仕組み

Uber Eats(ウーバーイーツ)配達パートナーの報酬の仕組み

次に、Uber Eats(ウーバーイーツ)配達パートナーの報酬についてみてみましょう。

Uber Eats(ウーバーイーツ)配達パートナーの報酬は、歩合制であることは同じですが、1件〇〇円といった固定報酬ではなく、少し計算方法が複雑です。

全国共通の報酬の計算方法は、以下の通りです。

報酬の計算方法

<Uber Eats(ウーバーイーツ)配達パートナーの報酬>

「基本料金」-「サービス手数料」+「インセンティブ」(+「チップ」)

【「基本料金」-「サービス手数料」】の金額のことを、「配送基本料」と呼びます。

それでは、もう少し細かくみていきましょう。

【Uber Eats(ウーバーイーツ)】基本料金について

Uber Eats(ウーバーイーツ)配達パートナーの報酬のベースになるのが、「基本料金」です。

基本料金は

  • 受取料金:お店で料理を受け取った時にもらえる報酬【固定】
  • 受渡料金:配達が完了したときにもらえる報酬【固定】
  • 距離料金:お店から配達先までの距離に応じた料金【変動】

の3つを合わせた金額のことを指し、配達エリアによって決められています。

注意
距離料金で計算する距離とは、あくまでも「お店から注文者」までの距離であり、「自宅からお店までの距離」は含まれません。なるべく近くのお店からピックアップできた方が◎

エリアごとの基本料金は、下記の通りです。(※2021年5月現在)

<エリアごとの基本料金一覧> 受取料金 受渡料金 距離料金
東京・埼玉・千葉エリア 265円 125円 60円/km
横浜・川崎エリア 250円 120円 60円/km
名古屋・京都・大阪・神戸・福岡エリア 215円 105円 60円/km

【Uber Eats(ウーバーイーツ)】サービス手数料について

次は、「サービス手数料」です。

サービス手数料とは、配達パートナーがUber Japanに支払わなければいけない手数料で、これも配達エリアによってパーセンテージが定められています。

2021年5月現在、全国どの地域でも、サービス手数料は「基本料金の10%」です。

実は、少し前までは、東京・埼玉・千葉エリアなどの中心エリアのサービス手数料は、他エリアよりも高い「35%」と設定されていましたが、全国共通の「基本料金の10%」に変更されました。

【Uber Eats(ウーバーイーツ)】インセンティブについて

出前館配達員同様、Uber Eats(ウーバーイーツ)配達パートナーにも、様々なインセンティブが用意されています。

Uber Eats(ウーバーイーツ)配達パートナーで大きく稼ぐには、このインセンティブをいかにうまく活用できるかがポイントになっています。

いろいろな制度があるのですが、有名どころは以下の通りです。

  1. ブースト:注文の多い曜日や時間、配達エリアに配達する場合、基本料金を一定の倍率で増加させることのできる仕組みのこと。
    (例)〇時~〇時の間は、基本料金が1.2倍になる
  2. クエスト:特定の期間内に、指定された配達回数を達成することによって発生する特別報酬のこと。
    (例)「〇月〇日8時~〇月〇日21時の間に、25回配達完了すれば、2,500円加算」
  3. ピーク料金:ピーク時、配達パートナーが足りない時、リアルタイムで発生するインセンティブ。
    (例)この時間帯であれば、基本料金に+150円
  4. チップ機能:注文者が、配達パートナーに対して、料理代金以外に、お心付けとしてチップを払うことができる制度。料理受け取りから30日以内、注文金額の2倍まで支払い可能。注文者の任意。
    (例)注文者が、自身の注文料金の10%をチップとして払う

【検証】Uber Eats(ウーバーイーツ)配達パートナーは、東京で1か月働くと、いくら稼げるのか?

Uber Eats(ウーバーイーツ)配達パートナーの報酬

出前館配達員と同様、1か月間、副業として、週末2日間のみUber Eats(ウーバーイーツ)配達パートナーとして働いた場合、どれくらい稼げるのかみてみましょう。

  • 担当エリア:東京
  • 配達距離:2キロ
  • 勤務日数:週末の土日2日間のみ 合計8日間(※2021年6月の日数で計算)
  • 労働時間:8時間/日(10:00~14:00、17:00~21:00)
  • フードデリバリー初心者(※1時間に2件配達で計算)
  • 副業として

上記の条件は、出前館配達員の時と同じです。そして、Uber Eats(ウーバーイーツ)配達パートナーの場合は、ここからさらに計算が以下の計算が必要です。

配送基本料(1件あたり):459円【基本料金:510円】-【サービス手数料:51円】
・基本料金:510円【受取料金:265円】+【受渡料金:125円】+【距離料金:60円×2km=120円】
・サービス手数料:51円【基本料金:510円×10%】

配送基本料459円で計算してみると

  • 時給:459円×2件=918円
  • 日給:918円×8時間=7,344円
  • 月収:7,344円×8日=58,752円

出前館の収入モデルよりは少し少ないですが、この基本報酬に加えて、クエストやブーストなどのインセンティブを活用することで、さらに報酬金額をアップさせることは、十分可能です。

MEMO
Uber Eats(ウーバーイーツ)配達パートナーの場合、給料日が毎週あるので、急ぎ現金が欲しい人にはとてもありがたいですね。

出前館とUber Eats(ウーバーイーツ)の配達員徹底比較!稼げるのはどっち?のまとめ

今回は、出前館配達員とUber Eats(ウーバーイーツ)配達パートナーでは、どっちのほうが稼げるのか?解説しました。

いちおう、出前館の配達員の方が稼ぎやすいという話をしましたが、配達エリアや経験回数、働く曜日や時間帯によって、稼げる報酬額は大きく異なってきます。

出前館には出前館の良さがあり、Uber EatsにはUber Eatsの良さがありますので、どちらも登録無料で、月々の配達ノルマなどもないので、両方試しながら、自分に合った働き方を見つけてみてはいかがでしょうか?


【期間限定】

当サイト限定¥20,000貰えるキャンペーン開催中!

 

▼紹介コード

g5726952

 

出前館配達員の登録時に当サイトの紹介コードを入力していただくことで、条件達成時¥20,000キャッシュバックキャンペーン中です。

人数限定なのでお早目に。

→出前館配達員公式登録ページ

 

キャンペーンの参加に伴い、当サイトの公式LINEのご登録をよろしくお願いいたします。

→当サイト公式LINE

※キャッシュバックのお受け取り等のご連絡に使わせていただきます。